割り切り出会アプリで毎日SEXできる裏ワザ

台湾 出会い系 オススメは

台湾 出会い系 オススメは


セックスフレンドとして付き合いはじめても、体を重ねるうちに相手のことを好きになってしまうというのは、誰にでも起こりうることです。一般的に、体から始まる恋はよろしくないと言われておりますが、それは間違い。体(スタイル)というのは、性格や器量といったものと同等の、異性を誘うためのひとつの武器であるのです。

それを使って誰かを誘惑するという行為や、それに惚れてしまうといった心情は、人間の本能に起因する自然なものです。優秀な遺伝子を持つ子孫を残すこと、それを本能的に欲求するからこそ、人は体で誘惑し、またそれに魅了されるのです。人は人である前に動物ですから、体に魅了され、相手のことを好きになるというのは、まったく自然の心理であるのです。

さて、難しい話は置いといて、セックスフレンドのことを好きになってしまう人は、少なくはないでしょう。なにしろ、もともとその人の体が好きであったわけですから、そこから感情が恋愛に傾きだしてもおかしくはないわけです。問題は、その恋愛がうまくいくのか、ということ。一般的に、体から始まる恋愛はうまくいかない、と言われていますが、実際はどうなのでしょう。

相手の色々な面を見る

体から始まった恋がうまくいかない、のではなく、「体しか見ていない人が気持ちを伝え、交際を始めたから」うまくいかないのです。

たとえば、一人の男性と、とても性格の良い子(顔はそんなでもない)がここにいたとします。その子は、一緒にいて心が安らぎますし、面倒なことを言ったりしないので、ストレスにもなりません。男性から告白し、交際を始める二人でありましたが、付き合ってみれば、彼女があまりに無知で、お洒落に疎い人だったことが判明し、外に連れ出すのは恥ずかしいとその男性は感じはじめます。

男性は女の子の服について詳しくありませんから、コーディネートをすることもできませんし、たとえば米を洗剤で洗い出すような無知な女性に、生活の知識や常識を何から何までひとつひとつ教え込むというのは、気の遠くなる作業です。やがて男性はだんだんとその女性と一緒にいることが苦痛になってきて、結局、関係は終わってしまいます。

この失敗は、彼が彼女の性格しか見ていなかったことに原因があります。もうちょっと普段の彼女を研究し、言動に気を配っていれば、付き合う前になんらかの対策を講じられたかもしれません。付き合うことを避けるなり、彼女はこういう人だと自分に認めさせたうえで告白をするなり。

もちろん、そういう無知な女性であっても、性格がよければいいじゃないか、俺なら別れたりしない、といった意見もあるでしょう。が、ここで言いたいのはそういうことではないのです。要するに恋愛がうまくいかないというのは、その人が相手のほんの一部分しか見られていなかったことに起因するのであり、体やセックスうんぬんはまったく関係ないのです。

セックスフレンドであっても、その人のことを、きちんと見ることができている人、たとえば、自分以外にもセフレを作りそうな人だろうかとか、一緒に歩いて恥ずかしくないだろうかとか、収入はどれくらいだろうとか、どの職場、学校に通っていて、異性を交えて飲みに行ったり旅行したりする頻度はどのくらいだろうとか、またそういったものに平気で参加してしまう人なのかとか、そういう、相手の色々な面を精査、吟味し、そのうえで告白に踏み切る人は、またその査定結果が良好であった人は、恋人同士にになってもうまくやっていけるのです。

信頼関係を築く

ただし、セフレから始まる恋愛が、他の恋愛より信頼関係を築くことの難しいものであることは言うまでもありません。その人は少なくともあなたとはセックスフレンドという関係を結んだわけで、他にもセフレがいないとも限らないですからね。また、交際するとなれば、向こうも同じような目であなたを見ています。

もしあなたが告白する場合には、とにかく「あなた(相手)以外には誰とも付き合っていない」と、向こうを安心させてあげることが大切です。異性のアドレスを全部消すくらいのことをしたほうが、相手に信用してもらえる可能性は高いですね。

体から始まった恋愛は、とにもかくにも、他の異性の存在をちらつかせないこと、浮気をするような気配をまったく感じさせないような清廉な人であること、それが何よりも大切です。それさえできれば、他の恋愛ともまったく変わりなく、うまくやっていくことができるでしょう。

出会い系の援交女性を回避してセフレを作る具体的な方法とは?

積極的に出会いを探すのであれば、出会いアプリを使うべきだろうというのは、出会いを欲する人が必ず行き着く考えです。ことにセックスフレンドなど、リアルでは中々見つけられない関係を望む場合には、出会いアプリが最も適しているといえるのです。

さて、実際に出会いアプリに登録してみると、男性の誰もが、あることに気がつきます。それは、体の関係を求め、それに該当する掲示板を覗くと、そこにはほとんど援助交際を求める書き込みしかないということです。たとえば、「条件あり」「サポ」「お願いあり」「パパになってくれる人」「穂別②で」といったものがそれにあたります。これらはすべて援助を求める書き込みであり、掲示板は上から下まで、こういった類の呼びかけに埋め尽くされているのです。

援助交際の現在の相場は、ホテル代別で二万円(穂別②とはこのことを示しています)。本番をすることのできる風俗に比べれば格安ですが、相手はまったくの素人で、満足できる保証はありません。時には行為中に携帯電話をいじりだしたり、あれこれと理由をつけてなんらかのプレイ(前戯)――フェラやキスなど――を拒否したりする子もいるようです。二万円でそれでは納得がいきませんし、そもそもセックスフレンドを探して出会い系に登録したのに、毎回お金を支払っていたのでは、それは望んでいた関係とはまったく違うものでしょう。

援交からのセフレ

援助交際の相手との関係を、セックスフレンドへ移行することは可能なのでしょうか。結論を先に言ってしまえば、それはかなり難しいことです。なぜなら彼女らは、金をもらえないセックスというものに、もはや価値を見出せなくなっているからです。

援交をする女性らは、基本的にはセックスが好きであるからこそ、出会いアプリを使うのです。が、他の女性がみんなお小遣いを貰っていることを知っていますし、実際お金ちょうだいと言ったらくれる男性がかなり多いので、どうせならそっちのほうがお得だと、やっているうち、金を貰ってセックスすることが普通になってくるのです。

そうすると、気持ちよくなれるとはいえ、タダでセックスをすることにはあまり価値を感じられなくなります。お金を払ってくれる人がいることを見ても、彼女の体はある男性らにとっては金を払うだけの価値のあるものということです。そう考えれば、セックスフレンドなどという関係は馬鹿馬鹿しく思えてくるでしょう。だってそれなりに男前の人でも、お金ちょうだいと言えばくれるんですから。

そのセックス=お金を貰うものといった観念が身についてしまっているので、会ってから次第にセックスフレンドに以降していくなどということは、到底ありえないと言えるのです。

ちなみに、「二回目からはタダ」「最初だけお願いあり」と言っている女性らは、同じ人と二回会うつもりはありません。なんらかの理由から男性に買ってもらえず、売れ残ってしまったので、そのような嘘を言って、なんとか金を得ようとしているのです。セックスが好きとかそういうのではなく、援交を完全な仕事としてみなしている女性ですね。その甘い言葉に騙されないよう、気をつけてください。

セフレを探す具体的な方法

セックスフレンドを探すとき、セックスフレンドとして会うことを前提に相手を探していると、この援交女性にぶつかって、中々相手は見つかりません。援交を求める隠語が掲示板の書き込み等には使われていなくとも、いざメールしてみるといきなり「条件は穂別②で」などと言ってくる子もいるのです。多くの援交女性の中から、そうでない女性を探すのは非常に困難であり、効率の悪いやり方です。

セックスフレンドを探す場合には、とりあえず「セフレとして会うこと」は諦めて、まずは友達から始めたほうが確実です。といいますのも、出会いアプリの中で、セックスすることや、セフレになることを約束してもらうのは、あまり意味のない行いであるからです。それは効率を悪くするばかりで、それでいて拘束力のない無意味なものであるのです。

なぜかというと、たとえばあなたも、セフレになることを約束してくれた女性が、いざ会ってみると、全然自分のタイプと違った、むしろ生理的嫌悪感を抱かざるをえないくらいだ、となったとき、当然、自らその約束を反故にするのではないでしょうか。その日のデートさえセックス無しで切り上げるのではないでしょうか。つまり、いくらネット上でセックスやセフレになることを約束しても、会ってみないことにはなんとも言えないから、サイト内でそれを約束することは無意味であるといえるのです。

従って、その効率の悪いやり方を捨て、とりあえずすぐにでも会えそうな、お金目当てでない子、そういう子を狙っていくのが、効率的といえましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ